2015-04-18(Sat)

3/20池田呉服座『橘菊太郎劇団』昼

南條合同の昼♪
三河家諒ゲスト。

一部 お芝居「刺青奇偶」
船頭らの目を盗んで、お仲(橘大五郎)は逃げ隠れます。この先に救いはない、そんなきつい目をしたお仲は、川に身を投げます。江戸から追われた、博打打ちの半太郎(龍美麗)に助けられます。ずぶ濡れのお仲にうちへ来いと半太郎。男を信用していないお仲、「どうせそれが目当てなんでしょ、早く連れてったら」。半太郎はサイの目を挙げて「サイコロの目だけでもこれだけあるんだ、今まで会った男と一緒にしやがって」と言い捨てるどころか、「金がないのは首がないのも同じ」とお金まで与えて去ろうとします。お仲は半太郎にすがりつきます、「貸したものを私の体から微塵も取る気はないのかい!そんな男に初めて会った」。
半太郎の家では、熊(橘小次郎)が半太郎を騙し討ちをしようと構えていましたが、失敗。何を言っても聞き入れない熊を、半太郎は斬ってしまいます。「この土地を気に入ってたのにな」と、埃を被った長持を出して旅支度を始めた半太郎に、「連れてって」とすがるお仲。
半太郎とお仲は一緒に住みお互いを大事に思っているが、半太郎は博打をやめられず貧しい暮らしで、お仲は死病を患います。世話になっている隣家のお上さん・おタケ(三河家諒)から、お仲はもう長くは持たないと聞かされる半太郎。お仲は自分がもう長くはないと察し、「怒らないでね」と半太郎の右腕に刺青を入れます。
後の口上で、美麗さんが「これから何度も演っていって観れるお芝居になるはずだから、ずっと演っていきます」と言います。大ちゃんとお二人して、「今出来る力は出し切ります」と、初演に自信がない様子でした。でも、だからこそ再演の夜にも増して、昼の初演が本当に良かった・・・こんなに必死!!な合同は久しぶりです、張りつめた苦しい空気も合同の醍醐味です

口上 美麗さん×大ちゃん×三ちゃんの挨拶。

普段は人の出番に口を出さない三ちゃん、今回珍しく「今のシーン、兄貴台詞飛ばしたな」と言ってきた!と美麗さん。三ちゃんですらこのお芝居に緊張してたって、確かにお芝居にものすごーく出てました 美麗さんが台詞を飛ばしても、大ちゃんも普段の演り慣れたお芝居のように助け船を出すことが出来なかった、と体いっぱいに訴えます。そんなお二人が本当にかわいかった 前回に続いてちょろっと出番のいいとこ取りだ、と三ちゃんを咎める美麗さん。その後に「このお芝居は橘大五郎と演りたかった」と言いました

二部 舞踊ショー
三ちゃん立ち中心群舞「お嫁サンバ」。白虎くん乱入!

三ちゃんに抱えられた白虎くんはいつもより小さく見えます
大ちゃん女形「幸せ」
美麗さん立ち「木更津くずし」
三ちゃん立ち「桜の花の散るごとく」

美麗さん立ち×大ちゃん女形「歌麿」

煮詰まった美麗な歌麿、背後に人形振りで登場する大ちゃん、すごくすごくキレイでした
勇希さん女形「紅色恋歌」
裕太郎くん立ち「望郷歌」
魔裟斗さん女形「越前竹舞い」
風馬さん女形「?」
良二さん立ち「都忘れ」
群舞「無条件」

大ちゃん立ち「花のように鳥のように」
三ちゃん女形「夜桜迷子」
美麗さん女形「キリキリしゃん」

諒さん女形「お蔦」
菊総座長の立ち「九州男児」
隆総帥「河内遊侠伝」

ラストショー「淡雪の恋」

大入り手打ち

上手最前列だったので、最後に目の前の隆総帥に両手フリフリしたら、「あーっ」って笑ってフリフリ返してくれました、幸せ過ぎです

送り出し
写真NGでした。
並び的に珍しく大ちゃんに先にお揃い甘味差し入れを渡すと、珍しく「ありがとう、甘いの大好き」だって 美麗さんはいつも「いつもありがとうございます」の笑顔
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

あいこberry

Author:あいこberry
食べること飲むことが好き♪
フレンチのフルコースも
赤ちょうちんのオヤジ居酒屋も
ワインも梅酒も日本酒も好き♪
神戸・元町・三宮を中心に
楽しくおいしく食べ歩く♪♪

カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログランキング

FC2ブログランキング

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
QRコード
QR
月別アーカイブ