2014-09-26(Fri)

9/22篠原演芸場『橘菊太郎劇団』

今月2度めの遠征1日め
恋川純弥ゲスト。
前回の遠征時から決まっていた純弥さんのゲスト、口上で「一本刀土俵入りを、純弥兄ちゃんと昼夜役替えで」と言ったので追加予約した観劇だったのですが、純弥さんが多忙で稽古の時間が取れないからと外題変更
格安プランの都合上、開演ギリギリの到着、すると喫茶コーナーで菊総座長に遭遇~ 「いつまで居んのか、明日は最後まで居れるんか、食事会しようぞ」と声かけてくれました、出席は絶対無理ですがもう十分幸せにしてもらいました

一部 ミニショー
オープニングは大ちゃん立ち中心群舞「ドンパン音頭」
小次郎さん×たくみくん立ち「あんたの花道」
裕太郎くん×小次郎さん×たくみくん×光さん立ち「大江戸喧嘩花」

ラストは大ちゃん女形×良二さん×裕太郎くん×小次郎さん×たくみくん立ち「北の女房」


二部 お芝居「十六夜船」
小次郎さんが立てたお芝居だそうです。
大工・伊三郎(恋川純弥)とおリョウ(橘大五郎)は、お互いに過去を聞かない約束で一緒になりました。伊三郎が留守にした間にデンジ(橘良二)が訪ねて来ます。おリョウは大店の娘だったが、デンジと一緒になったために遊廓へ売られ、デンジに姿を消されたところを伊三郎に救われたのです。おリョウとやり直すためにお金まで貯めたというデンジ、「そこまで私を想ってくれているなら、どうかこのまま帰って、壊さないで」と言うおリョウ。こんなに言ってもか、とデンジはおリョウの知らない伊三郎の過去を聞かせます。実ははぐれの伊三郎というお尋ね者の「伊三さん」、「俺が番屋に名乗って行けばどうなるか」と言われ、おリョウは「伊三さんのために」デンジに付いて行きます。しかしデンジの財布の中身は数個の石ころ、「お前が金になるまでは放しはしない」。
稼ぎの悪い自分はおリョウに捨てられたと思い込んだ伊三郎、元のヤクザ者に戻って2年の間おリョウを探し続けます。そして長良川の近くの置屋で50両の足枷をつけられたおリョウと再会します。今まで想い続けてくれた伊三郎におリョウは心打たれます。伊三郎は命を賭けて土場の元締め(橘小次郎)に50両サシの勝負を申し出ます。後の口上でものすごい肩を落として登場した小次郎さん、出番前に袖で菊総座長から「純弥座長の存在感に負けて元締めに見えない、羽織でも着たら」と言われたそうです しかも夜公演では新吾さんに替わってました 壺振りの裕太郎くんも激しい手の震えでサイコロをこぼします シックリではないけど、いい空気 純弥さんも居心地良かったんじゃないかなぁ
ラストシーンは新歌舞伎座の相舞踊を思い起こさせるセット!わぁぁと歓声が上がり、後で大ちゃんが「すごい嬉しかった」って

口上 大ちゃんの挨拶。
「一方通行」の大道具を片付ける小次郎さん。
この時の話にキレて夜の送り出しで大ちゃんに八つ当たりするのです・・・

三部 舞踊ショー
大ちゃん女形、昼「雪泣夜」、夜「フラワー&グリーン」
小次郎さん立ち「銀座のトンビ」
純弥さん女形「?」
裕太郎くん立ち「哀愁列車」
良二さん女形「?」
大ちゃん立ち、昼「花も嵐も」、夜「男酔い」
きよみさん「命の花」
大ちゃん立ち×純弥さん立ち「田原坂」。すーっっごく素敵な相舞踊でした 大ちゃんの立ちで久しぶりに泣きました、昼夜ともに 純弥さん定期的に橘来て風通ししてくれないかなぁ そしてあわよくば正統派立ち舞踊をたくさん譲ってくれたら~この感動が抑えきれずに、次の女優陣の群舞でもまだ引きずっているのを、ゆきえさんが見付けてくれてました。翌日送り出しで「あいちゃん何で泣いてたん、帰らないかんで?と思いよったら(今日も居るし)」と声かけてくれました 田原坂に感動してね!と力説したら、呆れてました
純弥さん立ち「?」、客席降臨。
菊総座長の立ち、昼「男宿」、夜「傘ん中」
ラストショー「ライジング」。昼は追加予約のために5列めだったので、全体がハッキリ眺めれて、この構成の素晴らしさを痛感しました。後の口上で純弥さんが「大ちゃんとの舞台は稽古から楽しい」と言ったのですが、純弥さんがこれをウキウキ真面目に教わってるとこを想像すると、めっちゃかわいい
大入り手打ち
最後の口上で菊総座長が、純弥さんの人柄を絶賛しました。「俺ここまでなかなか言わんよ」と言うように、本当になかなか聞かないほどの大絶賛!「前からどないに三代目に伝えようかて思ってたことを、バシッと言うてくれた」って。私も前々からここ菊総座長たちはどう思ってるんだろう、と思うことがあって、何だやっぱり様子見てたのかと納得しました。大ちゃんは本当に守られてますね

送り出し
菊総座長が私の顔を見るなり、「お前と何話てたか」と言うので明日の食事会出れないこと?と返すと、「え~?いやぁ・・・あれ~?」しきりに首を傾げてました。どなたかと間違えてたのか、何か後で言おうと思っててくれたのか、謎のままですがちょっとかわいかった
昼の大ちゃんはテンション高く「あいちゃん!今日観れて良かったやろ!」だって!めっちゃいい自信 こーゆー大ちゃんがいい でも、田原坂で久しぶりに立ち舞踊で泣かされたと返すと、あぁそぅ程度の反応・・・
橘大五郎 橘たくみ

おまけ

この日の昼公演では、当初憧れの2階席に座るつもりでした。2階席は予約が出来ないのでギリギリ到着の今回は諦めて、来年の目標にとっておきます♪
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

あいこberry

Author:あいこberry
食べること飲むことが好き♪
フレンチのフルコースも
赤ちょうちんのオヤジ居酒屋も
ワインも梅酒も日本酒も好き♪
神戸・元町・三宮を中心に
楽しくおいしく食べ歩く♪♪

カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログランキング

FC2ブログランキング

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
QRコード
QR
月別アーカイブ